「話し方のコツ」についてお伝えします

話し方

kobaです。
いきなり「話し方」と言っても、ピンとこないかもしれませんが、ここでいう「話し方」は、主に

『人前での話し方』について書いていきます。

私kobaは真宗大谷派(浄土真宗)という宗派の僧侶です。
普段は月命日のお参り(訪問して読経)や法事・通夜・葬儀などをしています。
その中で人前でお話することがあります。お説教というと馴染みがあるかもしれませんが、浄土真宗では『法話』といいます。

この『法話』はその時に読んだお経や浄土真宗を開いた親鸞聖人のことについてお話します。当然、「難しい」と思われます。だからそこをかみ砕いて、日々の生活の事に触れたりしながらお話していきます。

砕け過ぎず、かつ堅すぎず。

この辺のさじ加減が腕の見せどころです。
時には落語や小噺を入れてみたり。朝聞いたラジオの話題を入れてみたり、朝ドラのネタを使ってみたり。そうかと思えば親鸞聖人のお弟子さんのエピソードを入れてみたりお釈迦様の物語を入れてみたり。

次の投稿では普段私がやっている法話の作り方について触れてみたいと思います( *´艸`)

コメント

タイトルとURLをコピーしました