ブログを始めたいと思ったときにお勧めの本

本の紹介

kobaです。
このサイトを作ろう、ブログを始めようと思い立ってドメインを取得して約一か月半が経ちました。
本職のお寺のHPや、色々なサイトの立ち上げに関わらせてもらったりしたのでワードプレスは一応使えてはいたのですが、あまり積極的に使っていなかったのです。
それがこの本を手に取って一念発起。今回は書評も兼ねてます。

タイトルと著者

『今日からはじめて、月10万円稼ぐ アフィリエイトブログ』

著者は鈴木太郎さんと染谷昌利さんというお二人です。
まずこの鈴木太郎さんですが、調べれば調べるほどプロフィールが色々ありすぎて分からない…。
アメフトをされていたということと、サントリーで働いていた、ということくらいしか。
「1989年生まれ」とあることから現在は30歳くらいでしょうか…。
僕より一回り以上若い…
続いて染谷昌利さんですが、会社員時代に色々な経験をされつつ副業を始められたとのこと。
1975年生まれという事なので、僕の一つ年上です。なんかやっと近くなった!?

構成(chapter1~3)

chapterは全部で7つあり、そのうち前半の1~3ではブログの基本的な考え方や導入の仕方について書かれています。
chapter1は「アフィリエイトブログの基本」として、そもそもブログって何?ということからASPについてのこと、ブログをやるメリットなどについて書かれています。
chapter2ではブログを始める為のパソコンの購入や費用、プロバイダのことなどについて。「とにかく書きたくなるような環境づくりを」と書いてありました。なるほど。
chapter3はワードプレスの導入方法やドメインの取得、レンタルサーバーなどについてとても具体的に書かれています。ASPやアフィリエイトへの登録なども具体的でわかりやすいです。

構成(chapter4~5)

chapter4では「ブログのアクセスを増やす~基本編~」としてターゲットの絞り込みやネタの継がし方なんかについて書かれています。中でも誰かからコンタクトがあっても良いようにフォームの作成について、が分かりやすかったですね。
chapter5は 「ブログのアクセスを増やす~実践編~」。記事におけるキーワードやカテゴリーの重要性についてまとめてあります。

構成(chapter6~7)

chapter6は「結果が出ない時、やる気がなくなった時」では、まず結果が出るまでには時間がかかるということ、目標が高すぎないか、興味の無いことにベクトルが向いていないか。そして最後には「自己嫌悪に陥らないこと」「書けない時はむりに書かないこと」とちゃーんとフォローがかかれています。やっぱ焦っちゃうんですよね…。焦りは禁物。
chapter7はしめくくりとして、続けていくとどうなるかということが簡潔にまとめられています。そして急なアルゴリズムの変更についても言及されています。なるほど。

まとめ

全体的に分かりやすく平易な言葉で書かれているのはもちろん、 操作方法や設定方法のところでちゃんと画像つきで解説されています。

そして一番印象的だったのは

挿し絵がかわいくて目に飛び込んでくること。

けっこう挿し絵ってココで使うか?という感じでボリュームが多すぎたり少なかったり。そしてガヤガヤ感が否めなかったりするのですが、この本はそんなことが無く、とてもいいタイミングでボリュームです。


印刷も青と白黒の合計三色で見やすくなっています。
本体¥1580(税別)で221ページ。持ちやすくて読みやすいボリューム。

これからブログを始める!という方にはまずお勧めですよ~

コメント

タイトルとURLをコピーしました