紆余曲折こんにちは。

画像が無い時のイメージ画像です FP3級

kobaです。

『紆余曲折』っていうじゃないですか。あの言葉ってホントにそうだな~と思います。
辞書を引くと

① 道などが曲がりくねっていること。 「実は其道こそ-の千万里/思出の記 蘆花」
② 事情が込み入っていて、いろいろ変わること。 「 -を経て、やっと決定した」
出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

と書いてあります。
そうだ。曲がりくねっているんだよなあ。いろいろ変わるんだよなぁ。

というのも、このコロナショックの日々。
私も例外なく、お仕事や会議や研修会や飲み会やら。予定という予定が全て消えました。文字通り、真っ白です。えぇ、カレンダーが真っ白なのです(厳密にいうとグーグルカレンダーの背景は白でなく青っぽいので真っ青なのですが)。
ちなみに「消えました」と入力しようとして『帰依しました』と最初打ってしまいました。職業病ですね。

まぁそれはともかく。

皆さんはこの空白の時間、何をしますか?

もちろん今現在進行している仕事、毎日のルーティンの仕事はこなしますよね。はい。
そして延期になった会議や仕事のリスケ(段取り組みなおし)もしますよね。はい。

でもそれらも出来てしまったら何しますか?

一つには趣味の時間という選択肢もありますね。
映画見るとかジムに行くとか。
⇒あ、全部影響出てる…

そうそう、今日4/8はあれですよ。スターウォーズEP9の先行配信の日ですよ!

それはそうと、kobaは空いた時間を使って以前受けたFP技能士の上位級を受けようと思いました。ので申し込みました。


※FP3級については↓の記事をご覧ください。

試験日は5/24。

それに向け勉強を進めてます。
テキストを読みながら、問題集を解いていきます。まず一週目。
そして4/8現在、二週目の半分くらいまでいきました。この調子で進めていけば来週あたりから過去問に入り、試験当日までの一か月は過去問→見直しのサイクルを数回転繰り返せそうです。


簿記三級の時もFP三級の時も過去問に入るのが遅かったです。
いや、FP三級の時はまだマシだったのですが、理解が甘いうちに過去問に入ってしまったので無駄に問題を消費してしまった感がありました。
なので今回はYouTubeで解説を見ながら、必要なところは倍速で家事をしながら観たり。慣れると倍速もけっこういけるもんです。

ところがどっこい、4/7の夕方に例の緊急事態宣言が発令されました。
それに伴い、FP試験の開催も危ぶまれます。

いや、それどころか多くの人の生命が、日本自体が危ぶまれてる。

でもそれもそうだけど、空白の時間を無駄にしないように取り組んだ試験勉強。
5月の試験が延期とか中止になったらどうするかな。
試験の情報を見ても「返金はしません」とか書いてあるし。日程の振り替え等の変更の措置と対応はされるのでしょうか。
それに延期になったとしても、今の試験勉強、モチベーションを次まで保っていけるか。周りの状況の変化に追われ、見失ってはいかないか…。
でも決めました。

延期になっても受ける

とりあえず、今は「予定通り試験がある」テイでやろうと考えています。
まず勉強二週目を終え、過去問に入る。
一定程度のインプットをしたうえで熟成してしまわないように時期を待とうと思います。
まさに紆余曲折だ。

解説の②にあったように「事情が込み入っていて、色々変わること」です。

そういえばタイトルの紆余曲折を打とうと思ったら
「紆余曲折こんにちは」になってしまい、慌てて消そうかと思ったのですが、消さずにそのままアップします。

なんか、ホントに「こんにちは」って感じです。

もう何でもコイ!!
前向きなAB型はこの程度ではへこたれないのです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました